周辺観光

雲仙周辺観光

■四季の彩り

■四季の彩り

専用の露天風呂付です。他の客室より奥まった場所のお部屋で、静けさとプライベート感覚の温泉をと楽しみいただけます。
広縁からは創業100年の伝統を感じさせる日本庭園が望めます。

■ようこそ日本初の国立公園「雲仙」へ

■ようこそ日本初の国立公園「雲仙」へ

雲仙は昭和2年期、日本新八景山岳の部で1位になり、昭和9年には我が国で最初の国立公園に指定されました。
天然記念物の群落や活火山などまるで自然の大図鑑です。また、明治以降、ヨーロッパや上海に住む外国人の避暑地とぢて賑わった歴史も有り、日本最初のパブリックゴルフコースを始め、さまざまなスポーツ施設にも恵まれています。

■天然記念物指定の5つの群落

■天然記念物指定の5つの群落

『普賢岳紅葉樹林』:コミネカエデ、ヤマボウシ、シロドウダン等約100種類の植物が10月下旬から11月上旬にかけて色づきます。
『原生沼沼野植物群落』:九州には珍しい高原湿原。カキツバタやレンゲツツジが5月下旬にさきみだれます。
『地獄地帯シロドウダン群落』:花の時期は5月頃。秋は紅葉もみごとなツツジ科の低木の群落。
『野岳イヌツゲ群落』:6月から7月白いかわいい花がさきます。
『池の原ミヤマキリシマ群落』:ウンゼンツツジともいわれるミヤマキリシマは5月の中旬、山肌をピンク色に染め尽くします。地獄付近は温かいので4月下旬か頃から色づきます。

■雲仙の地獄

■雲仙の地獄

新湯ホテルのお隣は地獄巡りができるコースになっています。
雲仙の地獄はキリシタン殉教の歴史や伝説を伝えるドラマチックな場所でもあります。映画のロケに使われた真知子岩は今も話題にのぼっています。

■雲仙観光モデルコース

■雲仙観光モデルコース

『地獄巡り』:所要時間/徒歩30分
『国見岳、普賢岳登山』:所要時間/バス、ロープウエイ、徒歩で約3時間
『野岳』:所要時間/バス、徒歩で約2時間
『絹笠山』:所要時間/徒歩2時間
『高岩山』:所要時間/バス、徒歩で約3時間

■避暑地の面影、異国情緒

■避暑地の面影、異国情緒

町のあちこちに別荘風の洋館作りの建物が目に付きます。
これは、雲仙が明治初期、上海やヨーロッパから避暑に訪れる外国人で賑わった町の面影です。
雲仙は避暑地のイメージが色濃くのこる温泉地で、そのために、いつまでも女性たちからの人気が高いリゾートです。
シンボリックなカトリック雲仙協会では、毎年多くのカップルが結婚式をあげています。自然につつまれて、2人の新しい門出に幸おおかれ!新湯ホテルもそんなカップルの祝賀をお手伝いします。

■おいしいものもいっぱい

■おいしいものもいっぱい

雲仙の澄み切った空気と水からうまれた地ビール、温泉入りの湯煎餅、素朴な六兵衛という名物うどんから当ホテルの高級会席料理まで、あっと驚く珍味や美味がいっぱいです。おみやげのバラエティも事欠きません。

■日本最古のパブリックゴルフコース

■日本最古のパブリックゴルフコース

大正2年に生まれた日本最古のパブリックゴルフコースでプレイができます。県営のゴルフ場ですから料金もお手ごろ。
夏も涼しい高原で汗をかくことなく優雅にゴルフが楽しめます。ゴルフ場の詳細や、コース予約などは、当ホテルにお気軽におたずねください。

■キャンプ場

■キャンプ場

白雲の池、諏訪の池、田代原などのキャンプ場があります。国立公園内のキャンプ場ですから、快適で安全です。
キャンプのこころえやマナーは世界共通。ご家族ずれでも初心者でも、安全でマナーーの行き届いた自然環境のなかで、良識あるアウトドアスポーツがたのしめます。

■テニスコート

■テニスコート

年間とおして人気があるのがテニスです。公営施設や企業の保養所付属の施設など、テニスコートもたくさんあります。
チームでホテルに泊まってテニスと温泉でリフレッシュする。テニス三昧の週末もなかなかの人気です。

■登山

■登山

雲仙岳は普賢、国見、妙見、九千部などの峰みねで構成されています。
平成2年に噴火した主峰普賢岳の火山活動も平成7年春にはほぼ沈静化し、普賢岳登山も再開されました。 普賢岳頂上に立つと、目の前に、溶岩の盛り上がったの平成新山の姿が生々しくそびえています。四季に渡って、自然の美しい姿を堪能しながら登るルートもさまざまあり、経験や年齢、体力にあわせた登山がたのしめます。

■オリエンテーリング

■オリエンテーリング

登山はちょっと、と思っていらっしゃる方におすすめは、オリエンテーリング。
雲仙観光協会前からスタートし、雲仙を一巡りする約10キロメートルのパーマネントコースがあります。所要時間や2時間〜3時間。自然を満喫できる手軽なコースです。初心者も安心してトライしてください。

このページの先頭へ